目的別ランキング

青汁100社以上を調査!!「飲みやすい青汁」ランキング!!

「青汁は美味しい」と最近では言われていますが、実際に飲み比べをしたところ「9割は美味しくない」というのが本音です(私は元々青汁が苦手なタイプなので、厳し目の評価になっていると思いますが…)。

しかし、「あっ、これは飲みやすい!青汁というよりは美味しいお茶!?」と思えるような、非常に飲みやすい青汁もありました。青汁初心者の方や野菜が苦手な方は美味しい青汁で初めたいと思います。是非、参考にして下さい。

青汁の飲みやすさを独自の視点で採点

青汁の飲みやすさを「香り・飲み口・後味」の3つの評価基準に分けて、マズイ方が青汁を飲んでいる実感を得られるというような意見もあります。しかし、末永く青汁生活を続けていくには「飲みやすい青汁」であることも重要です。特に青汁初心者の方はに飲みやすい青汁を選ぶことをオススメしています。

①「香り」に関して

ケールが原料の青汁は「強烈な臭い」を発することがあります。逆に「緑茶」や「抹茶」のようなお茶の香りがするだけの良い香りの青汁もありました。臭いがキツイ場合、それだけで気分が悪くなるという方もいらっしゃると思いますので、まずは「香り」を採点しています。

②「飲み口」に関して

口に入れた瞬間に「青臭い風味」が広がる青汁もあれば、「お茶のような風味」が広がる青汁<もありました。口の中にいれた瞬間の味わいを評価しています。

③「後味」に関して

飲んだ瞬間は「あれっ?意外といけるかも!?」と感じても、後味で急に青臭さを感じることがあります。逆に後味がスッキリとしていて爽快な青汁もあります。そのような青汁を飲んだ後の余韻を評価しています。

飲みやすい青汁この3つ!!

1位:神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドは創業70年以上の老舗のお茶屋さんが開発した青汁で、青汁というよりは緑茶・抹茶に近く非常に飲みやすいのが特徴です。実際に国際名茶品評会では金賞を受賞しており、また、モンドセレクションも受賞しています。

原材料は桑葉・緑茶・シモンのみで余計なモノは一切入っていないことからも、少し溶けにくい部分はありますが、完全無添加でここまで美味しいのは素晴らしいと思います。これまでに飲んだ青汁の中では最も飲みやすい青汁です。

初回価格 内容量 1包当たり価格
5,700円(+税) 3g*60包 約95円

>>神仙桑抹茶ゴールドの詳細を見る

2位:朝のフルーツ青汁

主原料は国産無農薬の大麦若葉ですが、フルーツが加えられていることで非常に飲みやすくなっている青汁です。青汁というよりかはフルーツジュースに近い印象で、これなら野菜が苦手なお子様でも飲めると思います。

青汁1包当たりの価格も非常にリーズナブルで、この価格で美味しくできるのはヤクルトヘルスフーズのなせるワザといったところでしょうか。

初回価格 内容量 1包当たり価格
1,000円(+税) 7g*15包 約67円

>>朝のフルーツ青汁の詳細を見る

3位:ふるさと青汁

「野菜の王様」や「不老長寿の野菜」と言われる明日葉が主原料の青汁です。明日葉は少し薬草っぽい風味があるのですが、ふるさと青汁は明日葉以外にも大麦若葉などが配合されており、独特の青っぽさは控えめになっており、お茶のような感覚で飲むことが可能です。

また、オリゴ糖が加えられていることで苦味がほどよく抑えられ、子供から大人まで幅広くお楽しみ頂けるのではないでしょうか。

初回価格 内容量 1包当たり価格
3,800円(+税) 3g*30包 約127円

>>ふるさと青汁の詳細を見る

飲みやすい青汁ランキング一覧

商品名 原材料 香り 飲み口 後味 総合得点
神仙桑抹茶ゴールド 桑葉 4点 5点 5点 14点
朝のフルーツ青汁 大麦若葉 4点 5点 4点 13点
ふるさと青汁 明日葉 5点 4点 4点 13点
サンスター青汁 ケール 4点 4点 4点 12点
えがおの青汁(極) 大麦若葉 4点 4点 4点 12点
伊藤園有機青汁 大麦若葉 4点 4点 4点 12点
のみやすい大麦若葉青汁 大麦若葉 4点 4点 4点 12点
与那国青汁 長命草 4点 4点 3点 11点
ミナト式くわ青汁 桑の葉 3点 4点 4点 11点
DHC青汁+豆乳 大麦若葉 4点 2点 4点 10点
ラヴィグリーン 大麦若葉 3点 4点 3点 10点
キトサン明日葉青汁 明日葉 3点 3点 3点 9点
雪国まいたけ青汁 大麦若葉 3点 3点 3点 9点
ベジ家族 大麦若葉 3点 3点 3点 9点
ベジパワープラス 大麦若葉 3点 3点 3点 9点
やずやの養生青汁 大麦若葉 3点 3点 3点 9点
緑効青汁 大麦若葉 3点 3点 3点 9点
新アサヒ菜善青汁 大麦若葉 3点 3点 3点 9点
葉っぱのミルク 大麦若葉 1点 4点 4点 9点
還元力青汁 大麦若葉 3点 3点 3点 9点
レモンの青汁 ケール 3点 3点 3点 9点
クマザサフレッシュ 熊笹 3点 3点 3点 9点
青汁のめぐり 大麦若葉 2点 3点 3点 8点
エバーライフおいしい青汁 大麦若葉 2点 3点 2点 7点
ヤクルト私の青汁 大麦若葉 2点 2点 3点 7点
エコル野菜おいしい青汁 大麦若葉 2点 3点 2点 7点
極の青汁 大麦若葉 2点 2点 3点 7点
山本の青汁 大麦若葉 3点 2点 2点 7点
青汁三昧 大麦若葉 2点 2点 2点 6点
おいしい大麦若葉 大麦若葉 2点 2点 2点 6点
ファンケル本絞り青汁 ケール 2点 1点 3点 6点
キューサイはちみつ青汁 ケール 2点 2点 2点 6点
グリーンハウス天然青汁 ケール 3点 2点 1点 6点
まろやかケール ケール 1点 2点 2点 5点
贅沢青汁 コラーゲン配合 大麦若葉 2点 2点 1点 5点
遠藤博士の青汁みどり ケール 2点 2点 1点 5点
キューサイ粉末青汁 ケール 2点 1点 1点 4点
スーパー健願青汁 ケール 1点 1点 1点 3点

※ランキングは必要に応じて適宜更新いたします

青汁の飲み比べ結果からわかったこと

飲み比べをする上で予め製品名がわかってしまうと先入観により正確な結果にならない可能性があります。そこで、カップにすべての青汁を移し変えた上で飲む前に製品名がわからないように工夫し飲み比べを実施しました。

飲み比べた結果わかったのは「ケールが原材料の青汁は飲みにくい傾向にある」ということです。ケールでも飲みやすい青汁があったことは事実ですが上位はケール以外の製品が独占し、下位はケールの製品が多数占めるという結果になりました。前述した通り、製品名がわからない状態で飲み比べを実施したため、原材料が何かわからない中での採点結果になっています。

ケールが栄養価の豊富な野菜であることには間違いありませんが、栄養価が豊富な野菜はケールだけではありません。ケールを使った青汁はケール独特の青臭さと苦味が目立つ製品が多いため、飲みやすい青汁から始めたいという方は「ケール以外の製品を選ぶ」というのも1つの手だと思います。

また、飲みやすい商品は青汁というよりは緑茶・抹茶に近いような青汁か、フルーツや豆乳など青汁以外の原材料が加えられた青汁であることがわかりました。

緑茶に関しては日本人が日頃慣れしたんでおり飲み続けてきた飲み物です。緑茶のような青汁は無理のない青汁ライフを送るには最適です。緑茶の苦味が苦手な方はフルーツや豆乳などの青汁以外の原材料が加えられた青汁を利用するのも良いでしょう。

飲みやすい青汁がつくられるまで

青汁は1943年(昭和18年)に遠藤仁郎博士によってつくられました。戦時中の食糧難の中、栄養を確保するために大根の葉などを使って作られていました。1945年(昭和20年)には岡山県の倉敷中央病院にて病院給食に青汁が採用されるようになりました。その後も青汁の研究は進み1954年(昭和29年)にケールを使った青汁が誕生しました。

ケールは野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高く、夏も冬も1年中通して栽培できる非常に生命力の強い緑黄色野菜として青汁ブームを支えてきました。但し、ケールには独特な苦味・渋みや青臭さがあり、青汁=飲みにくいというイメージがついてしまったのも事実です。

今ではケール以外にも動脈硬化や高血圧・糖尿病などの生活習慣病を予防する効果が期待されているSOD酵素が含まれる「大麦若葉」や、不老長寿の妙草として注目される「明日葉」などを使った青汁が登場し、豊富な栄養成分が含まれるだけではなく「飲みやすい青汁」も作られるようになりました。そして、クセの少ない野菜が使われる以外にも「レモン果汁やマンゴー果汁のエキス」など青汁以外の原材料が加えられた製品など多彩な「飲みやすい青汁」が販売されています。

いくら身体に良くても続かなければ意味がないので、青汁初心者の方は美味しい青汁で楽しい青汁生活を始めてみましょう。

関連記事

  1. 青汁選びの決定版!青汁総合評価ランキング

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. クマザサフレッシュパウダーの徹底検証レポート
PAGE TOP