青汁徹底検証レポート

エバーライフおいしい青汁の徹底検証レポート

エバーライフおいしい青汁は、女性に嬉しい潤い成分であるヒアルロン酸やビタミンの宝庫ローヤルゼリーが配合されており、美容に敏感な方にとっても嬉しい青汁です。

また、美味しさを追求して、主原料の大分県産大麦若葉や熊笹に加えて、沖縄県産の黒糖・抹茶がブレンドされており、モンドセレクションで3年連続金賞を受賞した経歴があります。

エバーライフおいしい青汁を注文

①エバーライフおいしい青汁が届きました

早速ですが、エバーライフおいしい青汁を注文してみました。注文後約3日で、エバーライフ専用の段ボールで送られてきました。

②ダンボールを開けてみます

ダンボール開けてみると、青汁本品以外にもパンフレットなどが沢山入っていてワクワクします。

③特典が盛りだくさんでした

初回は10包増量だけでなく、青汁レシピなどの特典もありました。これだけサービスがあると、モチベーションも上がりますね。

④箱の中を開けてみます

エバーライフおいしい青汁は一杯分に小分けされていて、外出時などに持ち運ぶ際にとても便利です。細長いスティックタイプはペットボトルの口にも入れやすいので重宝します。

⑤青汁粉末を小皿に移します

小皿に粉末を移してみました。薄いサラサラとした粉末です。粉からは嫌な青臭さなどは感じません。

⑥エバーライフおいしい青汁を作ってみました

スティック状に小分けされた青汁を開けてコップに移します。箱に書いてある適量の100mlのお水を注ぎ、マドラーで混ぜます。混ざりやすさは良好で、ちょっとかき混ぜただけで均一な青汁が出来上がりました。混ざりにくい青汁はシェイカーなどが必須になってしまうので、それが必要ないとなると外出時にも持参しやすいですね。

エバーライフおいしい青汁の味をチェック

香り 飲み口 後味 溶けやすさ
2点 3点 2点 溶けやすい
×

※香り・飲み口・後味をそれぞれ5点満点で評価しています
採点基準の詳細はこちらをご覧ください

ケールが主原料の青汁ほど強くはありませんが、青臭さはしっかりと残っています。ただ、抹茶が配合されていることもあり、お茶のような香りもあります。

口に入れると非常にさっぱりとしており、苦さは感じません。甘味もしっかりとあり、良い意味でも悪い意味でも青汁っぽくない感じがします。苦味が苦手な方やお子様には向くのではないでしょうか。

後味には青っぽさや多少の苦味を感じますが、大麦若葉の他に、抹茶、黒糖、熊笹、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸などが含まれていて、大麦若葉独特の苦味やクセはそれなりに緩和されていると言えるでしょう。

青汁上級者の方からすれば水っぽいと感じてしまうかも知れませんが、初心者の方には向く青汁ではないでしょうか。

エバーライフおいしい青汁の成分をチェック

原材料 安全性 栄養価 成分構成
国産・一部農薬 天然由来添加物
×

採点基準の詳細はこちらをご覧ください

エバーライフおいしい青汁の原材料

還元麦芽糖・難消化性デキストリン・大麦若葉粉末・抹茶末・黒糖粉末・熊笹粉末・イソマルトオリゴ糖・スピルリナ末・澱粉・ローヤルゼリー・サンゴカルシウム・ビタミンC・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・ビタミンB12・ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンB1・ヒアルロン酸・葉酸

主原料となる大麦若葉は有機農法で育てられたもので、それを一日の内で一番栄養が蓄えられる朝に摘み取り、すぐに工場へ運んで加工しています。また、熊笹は自然に生息しているものなので農薬は使われておらず、一枚一枚大切に摘み取られています。さらに使用されているローヤルゼリーは採取して48~72時間以内に加工することで、素材の栄養をそのまま閉じ込めた良質な状態で配合することができているそうです。

大麦若葉には豊富な栄養があり、熊笹には血圧や糖尿病などの生活習慣病を予防する効果、ガンを抑制する効果があることが近年の研究で明らかとなっています。他にも、ローヤルゼリーやヒアルロン酸を配合しているため、高い美容効果が期待できます。

しかし、多く含まれる順に左から表示される原材料表示を確認すると、主原料の大麦若葉は3番目に表示されており、大麦若葉よりも還元麦芽糖と難消化性デキストリンが多く含まれていることがわかります。4番目以降を見ても、熊笹よりも抹茶や黒糖が多く含まれています。

このことからも青野菜たっぷりの濃い青汁というよりかは飲みやすさを重視した青汁だと推察できます。

エバーライフおいしい青汁の添加物に関して

エバーライフのおいしい青汁には、大麦若葉・熊笹・美容成分以外にも「還元麦芽糖」「難消化性デキストリン」「黒糖粉末」「イソマルトオリゴ糖」「各種合成ビタミン」「カルシウム」が添加されています。

還元麦芽糖は砂糖よりも低カロリーの甘味料です。黒糖粉末やイソマルトオリゴ糖も甘味料として使われており、いずれも天然由来の甘味料です。

難消化性デキストリンは、食物繊維不足を補う目的で作られた特定保健用食品として厚生労働省から許可されている食品由来素材です。青汁には、食物繊維の補強材や粉末の安定性の向上を目的に利用されています。

他にも、多種類の合成ビタミンやカルシウムが配合されています。青汁ライフでは、せっかく青汁を飲むのであれば野菜由来の天然の栄養素をとって頂きたいと考えています。ビタミン剤ではなく青汁を選ぶ理由の一つとして、一度に多くの天然由来の成分を摂りたいため、と考える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。あくまで人工的なものではなく、天然の栄養素にこだわりたいという思いがあるのであれば、添加物の種類も青汁選びの際に重要視すべきポイントです。

合成ビタミンを使って栄養補強をしなければならないということは、すなわち、美味しさにこだわった結果、甘味料や難消化性デキストリンを多くブレンドし、肝心の青野菜から抽出できる栄養価が少なくなってしまったためと考えられます。

エバーライフおいしい青汁の安全性

主原料の大麦若葉は有機農法で栽培されたものが利用されています。その他の素材も、残留農薬検査656項目(有機リン酸系農薬にも対応)をしっかりとクリアしているようです。また、放射線の検査も実施されており、問題がないことが確認されています。

エバーライフおいしい青汁の栄養価

栄養素 *1 エバーライフおいしい青汁
1包(3g) *2
青汁メーカー
平均値 *3
食物繊維総量(g) 1.2
ビタミンA(μgRE) 57
ビタミンE(mg) 0.3
ビタミンK(μg) 60
ビタミンB1(mg) 0.01
ビタミンB2(mg) 0.03
ナイアシン(mgNE) 0.18
ビタミンB6(mg) 0.03
葉酸(μg) 12
パントテン酸(mg) 0.05
ビタミンC(mg) 4.6
カリウム(mg) 86
カルシウム(mg) 35
マグネシウム(mg) 7
鉄(mg) 0.45
亜鉛(mg) 0.09

栄養成分表の見方はこちらをご覧ください
*1.日本人が不足しがちな栄養素を太字で、特に不足している栄養素を赤太字で表示
*2.平均値以上の栄養価を赤文字で表記
*3.青汁メーカー100社以上の1包当たりに含まれる栄養素の平均値を表示(こちらのデータは必要に応じて定期的に更新いたします)
※パッケージもしくは公式サイト上に記載されている栄養成分を基に表記(幅がある場合は中間値を採用)

平均よりも多く含まれる栄養素
該当なし

エバーライフのおいしい青汁では栄養成分が完全非公開となっているため、栄養価が高いかどうかの判断ができません。また、メーカーに直接問い合わせをしたのですが、栄養価を教えてもらうことはできませんでした。したがって、前章で述べた添加物の内容などを踏まえて、暫定的に△評価といたします。

エバーライフおいしい青汁の成分構成

栄養素 エバーライフおいしい青汁 青汁メーカー
平均値
糖質 81% 30%
食物繊維 34%
その他 19% 36%

※成分構成のその他の割合が高いほどビタミンとミネラルを豊富に含む可能性が高くなります。成分構成の詳しい解説はこちらをご覧ください

次に、成分構成を確認しましょう。こちらも食物繊維の値が非公開となっているため正確なグラフを出すことができません。但し、糖質と食物繊維の合計値(炭水化物)は公開されていたため、「その他」の成分の割合は算出することができました。その他の割合が高いほどビタミン・ミネラルの含有量が多い可能性があるのですが、19%と平均値を大幅に下回る結果となりました。野菜の栄養価が高ければ添加する必要がない合成ビタミンが多種類配合されていることからも、栄養価の高さという意味ではあまり期待ができないと言えるでしょう。

エバーライフおいしい青汁の総合評価

成分 価格 総合評価
7点/15点 10点/20点 2点/5点 19点/40点

採点基準の詳細はこちらをご覧ください

エバーライフのおいしい青汁は甘味料が多く添加されていることもあり、青汁の濃さは薄めで青汁っぽくない商品となっているため、野菜が苦手な初心者に向く青汁だと言えるでしょう。栄養価に関しては公開されていませんでしたが、成分構成や原材料表示の内容から、青野菜の栄養成分は控えめと判断し、△評価としました。なお、青野菜の成分だけでなくヒアルロン酸やローヤルゼリーも一緒に摂取したいという方には良いのではないでしょうか。

エバーライフおいしい青汁が向く人
・青汁初心者で薄めの青汁から始めたい方
・ヒアルロン酸やローヤルゼリーを摂取したい方
・甘めの青汁を探している方

>>総合評価が最も高い青汁はコレ!青汁の総合評価ランキングはこちら

エバーライフのおいしい青汁のお得な購入方法

エバーライフおいしい青汁は電話注文やネットショップなどで購入することができます。

但し、一番お得に購入するには、公式サイトから定期購入コースを選ぶことです。定期購入コースだと、通常価格よりも最大50%の割引サービスを受けることができます。さらに、送料も無料になっているのでかなりお得です。

商品名 エバーライフおいしい青汁
メーカー 株式会社エバーライフ
初回価格 3,000円
内容量 3g*30包
1包あたり 100円
送料 無料
包装タイプ スティックタイプ
特典 最大50%の割引・送料無料
原材料 還元麦芽糖、難消化性デキストリン、大麦若葉粉末、抹茶末、黒糖粉末、熊笹粉末、イソマルトオリゴ糖、スピルリナ末、澱粉、ローヤルゼリー、サンゴカルシウム、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ヒアルロン酸、葉酸

※最新の情報は変わっている可能性もあるので公式サイトにてご確認ください

エバーライフおいしい青汁へのよくある質問

原材料は国産でしょうか?

主原料は全て国産となっています。ビタミン類などの添加物は、厚生労働省が認めた外国産が使用されています。

無農薬栽培でしょうか?

大麦若葉は有機農法で栽培されたものを、熊笹は自然に生息しているものを使用しているため農薬は使用されていません。その他の成分につきましても270項目の残留農薬検査に全て合格したものとなっているようです。

加熱して飲んでも良いでしょうか?

ビタミンC以外の成分は熱に強いため、ほとんど変わることはありません。また、ビタミンCは50~60℃で壊れる為、それ以下の温度にてご飲用頂くことを推奨しております。

飲む時間帯に決まりはありますか?

お薬ではないので特にルールはありません。生活リズムに取りれやすい時間帯でお飲みください。

作り置きをしても良いですか?

保存料等が加えられていないので、飲む度に作るようにしてください。

1日何包飲めば良いですか?

はっきりとした決まりはありませんが1日に1~2包が目安となっております。なお、一度に多く飲んだからといって効果が強くなるものではありません。バランスの良い食生活を基本に、栄養補助食品として1日1~2包の摂取がオススメされています。

妊婦や子供でも飲むことができますか?

食品なので基本的には問題ありませんが、デリケートな時期なのでお医者様に相談されることをオススメします。

関連記事

  1. ふるさと青汁の徹底検証レポート
  2. ベジパワープラスの徹底検証レポート
  3. ラヴィグリーンの徹底検証レポート
  4. クマザサフレッシュパウダーの徹底検証レポート
  5. 神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート
  6. はちみつ青汁 キューサイはちみつ青汁の徹底検証レポート
  7. キューサイ粉末青汁の徹底検証レポート
  8. 伊藤園有機青汁アイキャッチ 伊藤園 純国産有機青汁の徹底検証レポート

青汁ライフ一押し商品

神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート

青汁ライフで実施した「飲みやすい青汁ランキング」にて第1位を獲得した青汁です。緑茶・抹茶…

ピックアップ記事

青汁ランキング

  1. 青汁総合評価ランキング【青汁選びの決定版】
  2. 飲みやすさランキング【青汁100社を調査】
PAGE TOP