青汁徹底検証レポート

べジ家族の徹底検証レポート

べジ家族は主原料の大麦若葉を中心に10種類の野菜・果実が入った、お子様からご年配の方まで「みんなで飲める青汁」です。

すべての原料は厳選した国産素材であり、200項目に渡る残留農薬検査をクリアしています。また、甘味料・酸味料・保存料・着色料・香料なども全て無添加のため、どこから見ても安心安全の商品です。

べジ家族を注文

①ベジ家族が届きました
早速ですが、ベジ家族を注文しました。箱の中を開けてみるとスティックタイプの青汁が小分けにされて入っています。スティックタイプはペットボトルなどにも入れやすいので、非常に便利ですよね。

②ベジ家族の粉末を出してみました
粉末を出してみると非常に細かい粒子でいかにも溶けやすそうな感じです。青汁っぽい嫌な香りはしません。

③ベジ家族を作ってみました
1日1スティックを目安にそのまま、または、お水等でお召し上がりくださいとのことなので、早速作ってみました。マドラーで混ぜただけでもとても溶けやすいので、簡単に青汁が完成します。

べジ家族の味をチェック

香り 飲み口 後味 溶けやすさ
3点 3点 3点 溶けやすい

※香り・飲み口・後味をそれぞれ5点満点で評価しています
採点基準の詳細はこちらをご覧下さい

香りですが、少し苦そうな雰囲気が漂っています。ただ、嫌な感じはしないので問題なく口に運ぶことができます。

飲んでみると、青汁というよりかは甘さが控えめの野菜ジュースのような味です。果物がブレンドされているのですが、果物の味はほとんどしません。後味でほんのり甘さが残る程度です。

良い意味でも悪い意味でも薄味で、総じて飲みやすい青汁だと言えます。

べジ家族の成分をチェック

原材料 安全性 栄養価 成分構成
国産・無農薬 天然由来添加物
×

採点基準の詳細はこちらをご覧ください

べジ家族の原材料

大麦若葉エキス(大麦若葉・デンプン分解物)・野菜エキス(ニンジン・カボチャ・ホウレンソウ・ゴーヤ・ブロッコリー・ピーマン・キュウリ・セロリ・キャベツ・デンプン分解物)・アップル濃縮果汁末(デンプン分解物・アップル濃縮果汁)・サンゴカルシウム

使用されている大麦若葉、野菜、果物はすべて国産で、でんぷん分解物のみタイ産です。大麦若葉は農薬不使用で栽培されたものですが、野菜、果物は基準範囲内で農薬が使用されています。但し、残留農薬検査では、200項目全てにおいて残留農薬は検出されていないようです。

また、野菜ジュースと同じように大麦若葉・野菜・果実をギュッと搾ったエキスが使用されているため、食物繊維はほとんど含まれていません。栄養が詰まったエキスを粉末化するためにでんぷん分解物質(デキストリン)が使われています。なお、デキストリンは天然由来の食品素材です。

さらに、べジ家族には大麦若葉・野菜・果実のエキスに加えて、サンゴカルシウムが配合されています。こちらもサンゴ由来の天然のミネラルなので、ご安心いただけるかと思います。

したがって、べジ家族には甘味料・酸味料・香料・保存料・着色料などは一切添加されておらず、完全無添加の青汁だと言えます。

べジ家族の安全性

主原料の大麦若葉は国産で農薬不使用、その他の原料についても国産の素材が使われており、残留農薬検査も問題なくクリアしています。また、人工甘味料などの添加物も含まれていないため、安心して飲むことができるのではないでしょうか。なお、放射線に関しては第三者機関にて検査されており、これまでに放射性ヨウ素(I‐131)・放射性セシウム(Cs‐134、137)は検出されたことがないようです。

べジ家族の栄養価

栄養素 *1 べジ家族
1包(3g) *2
青汁メーカー
平均値 *3
食物繊維総量(g) 1.2
ビタミンA(μgRE) 16 57
ビタミンE(mg) 0.1 0.3
ビタミンK(μg) 14 60
ビタミンB1(mg) 0.03 0.01
ビタミンB2(mg) 0.03 0.03
ナイアシン(mgNE) 0.18
ビタミンB6(mg) 0.03
葉酸(μg) 11 12
パントテン酸(mg) 0.05
ビタミンC(mg) 1.6 4.6
カリウム(mg) 66 86
カルシウム(mg) 6 35
マグネシウム(mg) 2 7
鉄(mg) 0.10 0.45
亜鉛(mg) 0.09

栄養成分表の見方はこちらをご覧ください
*1.日本人が不足しがちな栄養素を太字で、特に不足している栄養素を赤太字で表示
*2.平均値以上の栄養価を赤文字で表記
*3.青汁メーカー100社以上の1包当たりに含まれる栄養素の平均値を表示(こちらのデータは必要に応じて定期的に更新いたします)
※パッケージもしくは公式サイト上に記載されている栄養成分を基に表記(幅がある場合は中間値を採用)

平均よりも多く含まれる栄養素
ビタミンB1・ビタミンB2

栄養成分を確認すると全体的に平均値より低い数値を示していますが、ビタミンB1とビタミンB2については平均値を上回る結果がでました。大麦若葉やケールなどの青汁の主原料にはビタミンB1とB2はそれほど多く含まれていないのですが、べジ家族には、青汁の主原料以外にも多種類の野菜や果物のエキスが入っています。これによって、ビタミンB1・B2の含有量が増えたのだと推測されます。ビタミンB1・B2には下記のような作用があります。

栄養素 作用
ビタミンB1 疲労軽減・ストレス改善
ビタミンB2 肌荒れ予防・口内炎予防

それぞれが日本人に不足している栄養素なので、ビタミンB1やB2を積極的に摂ることは健康増進に効果的だと言えるでしょう。

べジ家族の成分構成

栄養素 べジ家族 青汁メーカー
平均値
糖質 78% 30%
食物繊維 0% 34%
その他 22% 36%

※成分構成のその他の割合が高いほどビタミンとミネラルを豊富に含む可能性が高くなります。成分構成の詳しい解説はこちらをご覧ください

成分構成については、食物繊維の数値が公開されていなかったので正確なグラフは出せませんが、糖質+食物繊維の数値(炭水化物)は公開されていたため、その他の割合は算出することができました。また、いずれにしろ、大麦若葉・野菜・果物の「エキス」が抽出された商品なので、食物繊維の量は豊富ではないと考えられます。エキス末が利用される商品は通常よりも食物繊維の割合が大幅に低くなる分、糖質の割合が高くなる傾向があります。但し、栄養価を確認した時にビタミンB1やB2以外は全体的に平均値より低かったことからも、ビタミン・ミネラルが多く含まれるほど高くなりやすい「その他の割合」が低いことも納得できます。

べジ家族の総合評価

成分 価格 総合評価
9点/15点 12点/20点 4点/5点 25点/40点

採点基準の詳細はこちらをご覧下さい

べジ家族はエキス末が含まれており、様々な野菜や果物がブレンドされていることから、飲みやすい青汁に仕上がっていました。ただ、全体的にビタミンやミネラルの含有量は低く、食物繊維も取り除かれているため、青汁というよりは、「果物も入った野菜ジュース」というイメージの方がしっくりくるかもしれません。価格もリーズナブルなので青汁初心者の方に向いた商品といえるでしょう。

べジ家族が向く人
・野菜が苦手な青汁初心者の方
・青汁だけではなく様々な野菜や果物を摂取したい方
・リーズナブルな商品を探している方

>>総合評価が最も高い青汁はコレ!青汁の総合評価ランキングはこちら

べジ家族はamazonでの購入がオススメ

少しでも安く手に入れたいという方はamazonで購入することをオススメします。

amazonであれば定価の33%OFFで商品を入手することが可能です。

商品名 べジ家族
メーカー 日本薬品開発株式会社
初回価格 1,500円
内容量 3g*24包
1包あたり 63円
送料 ショップによって異なる
包装タイプ スティックタイプ
特典 割引・送料無料
原材料 大麦若葉エキス(大麦若葉、デンプン分解物)、野菜エキス(ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、ゴーヤ、ブロッコリー、ピーマン、キュウリ、セロリ、キャベツ、デンプン分解物)、アップル濃縮果汁末(デンプン分解物、アップル濃縮果汁)、サンゴカルシウム

※最新の情報は変わっている可能性もあるので公式サイトにてご確認ください

べジ家族へのよくある質問

温めて飲んでも良いのでしょうか?

ベジ家族に使用されている大麦若葉は、製造過程で熱をかけず、青汁の生の成分を保ったまま粉末化しております。そのため、お湯などで召し上がると熱に弱い成分の活性(SOD酵素など)が失われます。したがって、ひと肌程度のぬるま湯までの温度で飲むことをオススメします。

いつ飲むのが良いでしょうか?

健康補助食品ですので、飲むタイミングに決まりはありません。ご自分にあったタイミングでお召し上がりください。但し、一般的には、空腹時の方がより成分の吸収が早いと考えられています。胃腸の弱い方でなければ空腹時に摂取することもご一考いただければと思います。

作り置きをしても良いでしょうか?

作り置きはオススメできません。作った後は、なるべく早くお召し上がりください。常温で約2時間以内(夏場以外)に、冷蔵庫保管でも約4時間以内には飲んでしまうようにしましょう。

1日にどれぐらい飲むのが良いのでしょうか?

1日1包が目安とされておりますが、食事内容や体質に合わせて2包までなら飲んでも良いようです。その場合は、吸収率の問題で、小分けにして飲むことが推奨されています。

妊婦や子供が飲んでも良いのでしょうか?

妊婦の方でも、特に問題はありません。野菜の栄養素を手軽に摂ることを目的とした健康補助食品ですので、野菜サラダの感覚でお召し上がりください。お子様は、離乳食が完了されてからをおすすめしております。但し、いずれもデリケートな時期ではあるので、かかりつけの医師にご相談されてからご利用ください。

関連記事

  1. 青汁のめぐりアイキャッチ2 ヤクルト青汁のめぐりの徹底検証レポート
  2. ヤクルト まろやかケールの徹底検証レポート
  3. スーパー健願青汁の徹底検証レポート
  4. 神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート
  5. 朝のフルーツ青汁2 ヤクルト朝のフルーツ青汁の徹底検証レポート
  6. ミナト式くわ青汁の徹底検証レポート
  7. ベジパワープラスの徹底検証レポート
  8. キトサン明日葉青汁の徹底検証レポート

青汁ライフ一押し商品

神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート

青汁ライフで実施した「飲みやすい青汁ランキング」にて第1位を獲得した青汁です。緑茶・抹茶…

ピックアップ記事

青汁ランキング

  1. 青汁総合評価ランキング【青汁選びの決定版】
  2. 飲みやすさランキング【青汁100社を調査】
PAGE TOP