青汁の効果・効能

ダイエットに青汁が向く理由

 昨今、各社様々なダイエット食品やサプリメントを販売しており、どれを選べばいいかわからなくなるほどです。ですが、青汁をダイエット方法として思いつく方はまだまだ少ないのではないでしょうか。今回は、ダイエットに青汁が向く3つの理由を説明していきます!

理由その1:ダイエットをすると陥る各症状の緩和・解消

 様々なダイエット方法がありますが、即効性がある方法の一つとして食事制限を取り入れる方が多いです。野菜中心の生活にする、糖質を制限する、夕食を早めの時間に摂るなど、多くのやり方がありますが、食事の総量を減らし必要な栄養価が取れなくなると、下記の症状が出ることがあります。

・便秘

・肌荒れ

・くすみ

・貧血

・疲れ

 ダイエットをしている方にとって、カロリーを抑えることと栄養価のバランスを取ることは非常に難しいのが現状です。そんなときに活用していただきたいのが青汁です。青汁に含まれるビタミン・ミネラルが上記の症状に効果を発揮します。

 青汁に含まれる主な栄養素とその働きを下表にまとめました。

栄養素 効果・効能
ビタミンA 皮膚や粘膜の増強、免疫力向上
ビタミンB1 糖質の代謝を補助、疲労回復
ビタミンB2 脂肪の代謝を補助、疲労回復
ナイアシン(ビタミンB3) 三大栄養素の代謝を補助、皮膚の健康を保つ
ビタミンB5(パトテン酸) 脂肪酸・アミノ酸の代謝を補助
ビタミンB6 タンパク質の代謝を補助、貧血防止、皮膚の健康を保つ
ビタミンB7(ビオチン) 脂肪酸・アミノ酸の代謝を補助、頭髪の健康を保つ
ビタミンC 肌荒れやシミの発生を防ぐ、疲労回復、免疫力向上
ビタミンE 血行促進、肌荒れの予防、ホルモンの分泌を補助
ビタミンK 骨や歯の健康を促す
カルシウム 骨や歯の形成、神経過敏の予防
マグネシウム エネルギー生成、体温調整、代謝の促進
貧血の予防、免疫力の向上
亜鉛 タンパク質の合成、生殖機能の維持
食物繊維 腸内環境の改善、便秘の解消、生活習慣病の予防

 商品によって含まれる栄養素の組み合わせは様々ですが、複数のビタミンやミネラルを一度に補うことができるので、ダイエット中の栄養不足に伴う各症状の緩和が期待できます。また、水で割って飲むことで、熱に弱いビタミンB群やビタミンCが摂れるのも嬉しいですね!脂肪の代謝を助ける働きや、便秘解消効果のある栄養素が含まれた商品を選べば、ダイエットの促進効果も期待できますよ!

理由その2:青汁は低単価かつ低カロリー!

 青汁は非常にリーズナブルかつ低カロリーで、特に長期的な目線で見ると強いダイエットの味方になってくれます。

 まず、一杯あたりの値段は90円前後ですので、一日三杯飲んだとしても270円程度で済みます。某大手メーカーの置き換えドリンクですと、一杯で340円ほどするので、いかにお得かがお分かりかと思います。

 次にカロリーですが、こちらも一杯あたり高いもので30kcal程度ですので、気にする必要もないほどです。また、カロリーが高いもの(といっても30kcal程度ではありますが)は往々にして糖質が高いので、その分満腹感・満足感も得られやすいです。逆に低カロリーのものはお茶として飲めるさっぱりとしたものもあるので、食事にプラスしやすいです。中には神仙桑抹茶ゴールドのように血糖値の上昇を抑えてくれる成分が入っているものもあるので、こうした商品を選べば一石二鳥ですね!

 腹持ちが気になるという方は、豆乳で割って飲むのがおすすめです。豆乳は腹持ちがいいだけでなく、血中のコレステロールや中性脂肪などの余分な脂質を排出し、かつ、吸収を抑制する作用があります。また、肌の張りやしわの改善にも効果的で、さらに腸内環境を整えるため、女性の方に多い便秘の解消にも効果的なのです。

 青汁は低単価で低カロリー、割り方によってはダイエット促進効果が得られますよ!

理由その3:持ち運びが便利

 ダイエットは場所や時間帯を選びませんよね。自炊の場合はまだしも、仕事などでどうしても外食になってしまう場合、どう調整できるかが効果を出すスピードにも大きく影響してきます。

 青汁はスティックタイプになっているものも多く、また、溶けやすいものを選べば、外出先でもすぐに作ることができます。出張先のホテルでコップに水を入れて溶かして飲むのもよし、外出中にちょっとコンビニに寄ってペットボトルの飲料にわざわざ荷物になるシェイカーを持ち歩かずに済むというのはかなり便利ですね!

 このように、いつどこにいてもダイエットを継続していくことができます。

まとめ

 上記に挙げた理由より、青汁が非常に利便性が高く低価格で、なおかつ、ダイエットに効果的であることがお分かりいただけたでしょうか。

 天然由来の栄養素が詰まった青汁を選ぶことで、体にも優しいダイエットを行うことができます。また、様々なミネラル・ビタミンを複合的に含む青汁を選択すれば、ダイエットに伴う各症状についてもケアをすることにつながります。

 今後はぜひ、ダイエットをする際に青汁を一つの選択肢に入れてみてください!

関連記事

  1. 保護中: 筋肉をつけたい人が青汁を飲むべき理由【管理栄養士監修】…
  2. 青汁が「ピロリ菌の除菌」に効果を発揮する理由
  3. 青汁が骨粗しょう症の予防に役立つ理由
  4. アルカリ性である青汁がもたらすメリットとは!?
  5. 背中ニキビの改善に青汁が効果を発揮する理由
  6. 青汁は野菜の代わりになる?野菜不足解消に青汁が最適な理由
  7. ビタミンK不足解消に青汁が効果的な理由
  8. 便秘解消に青汁が効果的な理由

青汁ライフ一押し商品

神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート

青汁ライフで実施した「飲みやすい青汁ランキング」にて第1位を獲得した青汁です。緑茶・抹茶…

ピックアップ記事

青汁ランキング

  1. 青汁総合評価ランキング【青汁選びの決定版】
  2. 飲みやすさランキング【青汁100社を調査】
PAGE TOP