青汁徹底検証レポート

ヤクルト 葉っぱのミルクの徹底検証レポート

葉っぱのミルクは、ヤクルトの青汁シリーズの中では唯一豆乳がブレンドされている商品で、美味しくてヘルシーなやさしい味わいの青汁になっています。

ヤクルトの製造工場がある大分県産の大麦若葉が主原料に用いられています。製造工場の近くにあるため、収穫してすぐのフレッシュな状態のまま加工することが可能です。その結果、新鮮で栄養価の高い大麦若葉を粉末にすることができています。

葉っぱのミルクを注文

①ヤクルト葉っぱのミルクが届きました
早速ですがヤクルト葉っぱのミルクを注文してみました。注文してから約2~3日でダンボールに入って届きました。

②ダンボールの中身を確認します
ダンボールを開けてみると、しっかりと紙などで潰れないように梱包されていました。

③青汁の封を開けてみます
青汁は1杯分に小分けされているので、持ち運びに便利です。細長いスティックタイプなので、外出先でもペットボトルなどがあれば簡単に作れてしまいます。

④粉末を出してみます
ヤクルト葉っぱのミルクの粉末を小皿に移してみました。サラサラとしたきめ細かい粉末で、ミルクの香りが微かに感じとれます。

⑤ヤクルト葉っぱのミルクを作ってみました
スティック状に小分けされた青汁をコップに移し出し、表記されている適量の100mlのお水を注ぎます。マドラーでかき混ぜましたが、簡単に混ぜただけではダマが残ってしまうので、入念にかき混ぜて水に馴染ませました。

葉っぱのミルクの味をチェック

香り 飲み口 後味 溶けやすさ
1点 4点 4点 やや溶けにくい
×

※香り・飲み口・後味をそれぞれ5点満点で評価しています
採点基準の詳細はこちらをご覧ください

主成分は大麦若葉ですが、ケールも含まれているので、ケール独特の青臭さを感じます。ただ、ケールが主成分の青汁に比べると、豆乳やさとうきび糖などもブレンドされている為、乳製品の香りも加わって、その分青臭さは緩和されています。

飲み口は甘さを強く感じます。抹茶ミルクのようなイメージでしょうか。後味には青汁独特の苦さが残りますが、豆乳がブレンドされていることでまろやかさはあります。

また、豆乳の影響か粉っぽさはほとんどなく、しっとりとしています。青汁上級者からすると少し物足りなく感じるかも知れませんが、青汁初心者の方には向くと言えるでしょう。

外出した時に青汁を豆乳で割って飲むことは難しいと思うので、水を注ぐだけで豆乳青汁が完成するというのは便利だと思います。

葉っぱのミルクの成分をチェック

原材料 安全性 栄養価 成分構成
国産・無農薬 天然由来添加物

採点基準の詳細はこちらをご覧ください

葉っぱのミルクの原材料

調製豆乳粉末(遺伝子組換えでない)・大麦若葉エキス末(デキストリン・大麦若葉エキス)・含蜜糖・豆乳粉末(マルトース・豆乳(遺伝子組換えでない))・発芽玄米粉・ケールエキス末・(原材料の一部に大豆を含む)

葉っぱのミルクには大麦若葉とケールが使用されています。ヤクルトが直接契約している大分県の農家で、農薬や化学肥料を使わずに育てられた物だけを材料にしています。大麦若葉・ケールは収穫する時間帯により栄養価が変わってくるのですが、葉っぱのミルクでは、葉に一番栄養が集まる早朝に収穫したものが使用されています。

なお、大麦若葉やケールはエキス末が利用されています。エキス末とは野菜を丸ごと粉砕したものではなく、食物繊維を取り除き、エキスだけを抽出したものにデキストリン(でんぷん分解物質)をあわせて粉末化したものです。食物繊維は減ってしまいますが、野菜に含まれるビタミンやミネラルをより多く抽出したり、飲みやすくしたりする目的でエキス末が利用されることがあります。

また、現代人が不足しがちなビタミンやミネラルを豊富に含んでいる発芽玄米もブレンドされています。

葉っぱのミルクの添加物に関して

葉っぱのミルクには豆乳・大麦若葉・ケール・発芽玄米以外にも「含蜜糖」が含まれています。

含蜜糖はサトウキビなどの絞り汁をそのまま煮詰めたもので、青汁を飲みやすくする目的で配合されています。

原材料は天然由来の素材のみなので、安全面では大きな問題はないと考えられます。後は豆乳粉末などの含有量が多そうなので、肝心の野菜の栄養価はどれぐらい残っているのかということが気になります。

葉っぱのミルクの安全性

主原料の大麦若葉やケールは国産無農薬栽培で、化学物質なども添加されていない安心できる青汁です。また、製品化するまでの過程でもヤクルトヘルスフーズではISO9001FSSC22000健康食品GMPに則った体制が徹底されています。なお、放射線に関してはロット毎に放射性セシウムを自主検査により確認し、放射能の影響が無いことが確認されています。また、原料及び青汁エキス末の段階でも自主検査が実際されており、いずれも安心な状態であることが確認されています。

葉っぱのミルクの栄養価

栄養素 *1 葉っぱのミルク
1包(7g) *2
青汁メーカー
平均値 *3
食物繊維総量(g) 0.3 1.2
ビタミンA(μgRE) 57
ビタミンE(mg) 0.3
ビタミンK(μg) 28 60
ビタミンB1(mg) 0.01
ビタミンB2(mg) 0.03
ナイアシン(mgNE) 0.18
ビタミンB6(mg) 0.03
葉酸(μg) 12
パントテン酸(mg) 0.05
ビタミンC(mg) 4.6
カリウム(mg) 86
カルシウム(mg) 35
マグネシウム(mg) 7
鉄(mg) 0.45
亜鉛(mg) 0.09

栄養成分表の見方はこちらをご覧ください
*1.日本人が不足しがちな栄養素を太字で、特に不足している栄養素を赤太字で表示
*2.平均値以上の栄養価を赤文字で表記
*3.青汁メーカー100社以上の1包当たりに含まれる栄養素の平均値を表示(こちらのデータは必要に応じて定期的に更新いたします)
※パッケージもしくは公式サイト上に記載されている栄養成分を基に表記(幅がある場合は中間値を採用)

平均よりも多く含まれる栄養素
カリウム

公式サイトでは、ビタミン・ミネラルなどの栄養素はほとんど公開されていません。メーカーに問い合わせをし、その他の栄養素の数値も一部入手することができましたが、カリウムのみ平均値を上回る結果となりました。なお、カリウムには下記のような作用があります。

栄養素 作用
カリウム 高血圧防止

青汁の原材料表示を確認しても、豆乳が一番左(最も多く含まれる)に来ているように、大麦若葉やケールの栄養素はそれほど多くないのかも知れません。

葉っぱのミルクの成分構成

栄養素 葉っぱのミルク 青汁メーカー
平均値
糖質 57% 30%
食物繊維 4% 34%
その他 39% 36%

※成分構成のその他の割合が高いほどビタミンとミネラルを豊富に含む可能性が高くなります。成分構成の詳しい解説はこちらをご覧ください

成分構成を確認すると、エキス末を使用している影響で食物繊維の割合が低くなっていることを考慮しても、糖質の割合はやや高い結果となっています。豆乳、発芽玄米、さとうきび糖などが複数ブレンドされていることで、糖質の割合が高くなっているのではないかと推察されます。

葉っぱのミルクの総合評価

成分 価格 総合評価
9点/15点 10点/20点 5点/5点 24点/40点

採点基準の詳細はこちらをご覧ください

ヤクルト葉っぱのミルクは、香りこそケール独特の青臭さがありましたが、豆乳粉末や甘味料がブレンドされていることで総じて飲みやすい青汁です。その分、成分は控えめになっていますが、価格も非常にリーズナブルですし、有名企業ヤクルトの商品という安心感もあります。青汁習慣をこれからつけていきたい方、甘めのマイルドな青汁から始めたい方には良いのではないでしょうか。

葉っぱのミルクが向く人
・飲みやすい青汁を探している方
・リーズナブルな青汁から始めたい方
・大手メーカーの青汁を求めている方

>>総合評価が最も高い青汁はコレ!青汁の総合評価ランキングはこちら

ヤクルト葉っぱのミルクのお得な購入方法

ヤクルト葉っぱのミルクはamazonでの購入がオススメです。amazon経由で購入すると、最大で42%OFFの価格で手に入り、さらに送料も無料です。したがって、1包当たり25~35円前後という非常にお得な価格で購入することが可能です。

商品名 葉っぱのミルク
メーカー ヤクルトヘルスフーズ株式会社
初回価格 1,000円
内容量 7g*20包
1包あたり 50円
送料 代理店によって異なる
包装タイプ スティックタイプ
特典 42%OFF・送料無料
原材料 調製豆乳粉末(遺伝子組換えでない)、大麦若葉エキス末(デキストリン、大麦若葉エキス)、含蜜糖、豆乳粉末(マルトース、豆乳(遺伝子組換えでない))、発芽玄米粉、ケールエキス末

※最新の情報は変わっている可能性もあるので公式サイトにてご確認ください

葉っぱのミルクへのよくある質問

加熱して飲んでも良いでしょうか?

約80度のお湯で溶かしても栄養素が確保されることが確認されているようです。但し、あまり高温で加熱し続けることは推奨できません。

作り置きをしても良いでしょうか?

保存料や防腐剤が使用されていないため、作り置きはせずにお早めにお召し上がりください。

妊婦や授乳中でも飲んで良いでしょうか?

青汁は野菜やフルーツと同じように食品として考えてください。したがって、基本的には問題ありません。但し、人によって体質も異なります。安心してご利用頂くためにも、不安な点がございましたら、かかりつけの医師にご相談されることを推奨しています。

子供でも飲める青汁ですか?

お子様は3歳程度以上からの飲用を目安にしてください。また、体質によってはお腹が緩くなる可能性があるので、少しずつ試しながらご利用ください。

無農薬でしょうか?

主原料に関しては農薬も化学肥料も使わずに栽培した物が使用されています。

関連記事

  1. キトサン明日葉青汁の徹底検証レポート
  2. 青汁三昧 青汁三昧の徹底検証レポート
  3. ベジパワープラスの徹底検証レポート
  4. 山本の青汁の徹底検証レポート
  5. ヤクルト まろやかケールの徹底検証レポート
  6. 緑効青汁の徹底検証レポート
  7. スーパー健願青汁の徹底検証レポート
  8. はちみつ青汁 キューサイはちみつ青汁の徹底検証レポート

青汁ライフ一押し商品

神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート

青汁ライフで実施した「飲みやすい青汁ランキング」にて第1位を獲得した青汁です。緑茶・抹茶…

ピックアップ記事

青汁ランキング

  1. 青汁総合評価ランキング【青汁選びの決定版】
  2. 飲みやすさランキング【青汁100社を調査】
PAGE TOP