青汁で使われる原料

緑黄色野菜の王様!「ケール」の健康効果を解説!

「緑黄色野菜の中でも屈指のビタミン含有量」 キャベツの一種でビタミンの含有量は緑黄色野菜の中でも屈指です。 有効成分を突出して多く含む食品であるスーパーフードに認定されているようにビタミンの他にもカロテン・ルテイン・食物繊維・カルシウムなどの豊富な栄養素を含み「緑黄色野菜の王様」と呼ばれている野菜です。

青汁といえばケールと言われるぐらい、多くの青汁で使われています。目の健康、アンチエイジング、便秘解消、血流改善、免疫力向上、ストレス解消、美肌、睡眠改善、歯と骨を丈夫にするなど様々な効果があります。

目次

ケールの栄養成分

非常に優秀な栄養価:「ビタミンK」「葉酸」「ビタミンC」
優秀な栄養価:「食物繊維」「ビタミンA」「ビタミンE」「カルシウム」

※1日に必要な栄養素の20%以上を摂取できる場合を「優秀」、40%以上を摂取できる場合を「非常に優秀」と定義
※1日に必要な栄養素は厚生労働省「日本人の食事摂取基準」を基に独自の数値を設定

栄養素 ケール
(生葉100g当たり) *1
野菜平均値
(100g当たり) *2
食物繊維総量(g) 3.7 2.1
ビタミンA(μgRE) 240 180
ビタミンE(mg) 2.4 1.2
ビタミンK(μg) 210 86
ビタミンB1(mg) 0.06 0.06
ビタミンB2(mg) 0.15 0.07
ナイアシン(mgNE) 0.9 0.6
ビタミンB6(mg) 0.16 0.13
葉酸(μg) 120 70
パントテン酸(mg) 0.31 1.90
ビタミンC(mg) 81 51
カリウム(mg) 420 291
カルシウム(mg) 220 34
マグネシウム(mg) 44 20
鉄(mg) 0.8 0.7
亜鉛(mg) 0.3 0.3

*1・2.五訂増補日本食品標準成分表よりデータを引用
*2.主要野菜12種類の平均値(こちらのデータは必要に応じて定期的に更新いたします)

ケールで期待される効果

栄養成分を見て頂ければわかるようにケールはほとんどの栄養素が平均値より高く「緑黄色野菜の王様」と呼ばれる理由が良くわかると思います。その中でも特に優秀な栄養価である「食物繊維」「ビタミンA」「ビタミンE」「ビタミンK」「葉酸」「ビタミンC」「カルシウム」には下記のような作用があります。

栄養素 作用
食物繊維 便秘予防および改善・整腸作用・糖尿病予防・大腸がん予防
ビタミンA 免疫力向上・抗酸化作用・視力の維持や目の疲れの予防
ビタミンE 老化防止・生活習慣病の予防・精力減退防止・月経不順防止
ビタミンK 血液凝固作用
葉酸 肌荒れ予防・貧血防止
ビタミンC 皮膚や骨や血管の健康維持・免疫力向上・ストレス解消・疲労回復・がん予防
カルシウム 骨折・骨粗鬆症の予防・高血圧の予防・動脈硬化の予防・ストレス改善・血液凝固および神経伝達のサポート

ケールの食後血糖値の上昇抑制効果

ケールの青汁で有名なキューサイ株式会社が下記のようにケールの摂取が食後血糖値の上昇を抑えることを確認しました。

[blockquote text=ケール粉末は血糖値が高めの方の食後血糖値の上昇を抑制することがわかり、その有効量は7g以上であることが確認されました。また、そのメカニズムはケールに含まれる食物繊維による糖の吸収抑制作用であると考えられます。]

出展 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000003705.html

ケールの空腹時の血中中性脂肪値低減

ケールの青汁で有名なキューサイ株式会社が下記のようにケールの摂取が血中中性脂肪値を低減させることを確認しました。

[blockquote text=ケール粉末の摂取は、血中中性脂肪値がやや高めの人の血中中性脂肪値を低減させること、その有効量は7g以上であることが明らかになった。]

出展 http://news.mynavi.jp/news/2016/12/01/273/

ケールの豆知識

ケールの副作用

基本的に副作用などはありません。但し、ビタミンKが野菜の中では群を抜いて多く、血栓症などでワーファリンを代表する抗凝固剤を服用中の方は注意が必要です。

ケールは青汁で摂取するのが効果的

写真はケールの生葉の写真です。同じキャベツ科のキャベツだとこのまま食べても美味しいのですが、ケールだと苦味が非常に強くまったく美味しくありません。また、繊維質もかなり多いため細かく千切りにしなければなりません。そもそもスーパーで手軽に手に入る食材ではありませんし、いくら栄養価が高い野菜だからといって日常的に摂取するのは困難です。

しかし、青汁であればケールをまるごと手軽に摂取することが可能です。確かに美味しくはありませんが、このケールの生葉をそのままグリーンスムージーにした時の味と比べれば格段にマシになっています。栄養価が豊富なケールを手軽に摂取したいのであれば青汁が良いと言えるでしょう。

関連記事

  1. 大麦若葉 スーパーフード「大麦若葉」の効果・効能
  2. 難消化性デキストリンの効果と安全性
  3. アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物の安全性
  4. 桑の葉 世界中から注目度上昇中!「桑の葉」の健康効果とは?
  5. 緑茶 日本人で良かった!「緑茶」の驚異的な効果とは!?
  6. 明日葉 不老長寿の野菜「明日葉(アシタバ)」の驚くべき効果・効能とは?
  7. デキストリン・難消化性デキストリン入り青汁の真実
  8. 甘味料 直鎖オリゴ糖(オリゴトース)の効果・効能

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

  1. 青汁三昧

青汁ライフ一押し商品

  1. 神仙桑抹茶ゴールド
  2. べジパワープラス
  3. ファンケル本絞り青汁
  4. クマザサフレッシュパウダー
  5. ふるさと青汁

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. 神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート
PAGE TOP