青汁で使われる原料

大地の栄養をたっぷり吸収!「シモン」の効果・効能

シモンは南米ブラジル原産のヒルガオ科の植物です。シモンには根・芋・葉・茎・葉柄の様々な部位に栄養素が含まれています。葉には「タンパク質」「ミネラル」「葉酸」が、葉柄には「ミネラル」が、茎には「カルシウム」「カリウム」「マグネシウム」「リン」が、芋には「ビタミンA」「ビタミンB群」「ビタミンk1」「ゲルマニウム」「カルシウム」「カリウム」「ナトリウム」「パントテン酸」が含まれています。サツマイモと比較して「カルシウム」「カリウム」「ビタミンC」「食物繊維」が非常に多く含まれており、さらにサツマイモには含まれていないビタミンKや葉酸、ポルフィリンが多く、栄養素が非常に豊富です。

シモンの栄養成分

栄養素 シモン
(粉末5g当たり)
食物繊維(g) 0.13
ビタミンE(mg) 0.15
ビタミンB2(mg) 0.02
ビタミンC(mg) 0.65
カリウム(mg) 80
カルシウム(mg) 24
鉄(mg) 0.08

※高知大学農学部分析日本栄養食科学会発表を基に作成

シモンで期待される効果

シモンには「ヤラピン」という成分が含まれています。ヤラピンには腸の運動をサポートする働きがあります。シモンに含まれる「食物繊維」×「ヤラピン」が整腸作用・便秘解消・ダイエットに効果的です。

シモンの豆知識

青汁の成分にシモンが入るメリット

シモンは基本的にはお茶にして「シモン茶」として飲むことが多いです。シモン茶はノンカフェインなので妊婦の方やお子様にも人気のお茶です。青汁ライフでも紹介している神仙桑抹茶ゴールドにはシモンが原材料に含まれている非常に珍しい青汁と言えるでしょう。シモンにはヤラピンが含まれるので、整腸作用を期待する方にはオススメです。

シモンの副作用

食品なので基本的に副作用はありません。但し、ビタミンKを豊富に含んでいるため、抗凝固剤(ワーファリン等)を使用している方は飲用を控えて下さい。

関連記事

  1. 難消化性デキストリンの効果と安全性
  2. 明日葉 不老長寿の野菜「明日葉(アシタバ)」の驚くべき効果・効能とは?
  3. 緑黄色野菜の王様!「ケール」の健康効果を解説!
  4. デキストリン・難消化性デキストリン入り青汁の真実
  5. 桑の葉 世界中から注目度上昇中!「桑の葉」の健康効果とは?
  6. 甘味料 直鎖オリゴ糖(オリゴトース)の効果・効能
  7. 緑茶 日本人で良かった!「緑茶」の驚異的な効果とは!?
  8. 大麦若葉 スーパーフード「大麦若葉」の効果・効能

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

  1. 青汁のめぐりアイキャッチ2

青汁ライフ一押し商品

  1. 神仙桑抹茶ゴールド
  2. べジパワープラス
  3. ファンケル本絞り青汁
  4. クマザサフレッシュパウダー
  5. ふるさと青汁

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. やずやの養生青汁の徹底検証レポート
PAGE TOP