青汁で使われる原料

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物の安全性

化学的な反応によって、人工の甘味料でアミノ酸の一種であるアスパラギン酸と、必須アミノ酸のフェニルアラニンという2種類のアミノ酸が、エステル結合した化合物(ジペプチド「アスパラチルフェニルアラニン」のメチルエステル)です。

青汁では甘味料として利用されます。甘味の質は砂糖に近く、その甘さは砂糖の約200倍あり、カロリーも比較的少ないため、高甘味度で低カロリーの甘味料として使われます。

青汁における使用率 2%

※青汁メーカ100社以上を調査した結果

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物の安全性

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物の安全性に関しては様々議論が交わされています。専門家の方は下記のように様々な病気の引き金であると警笛を鳴らしています。

アメリカでは1990年後半に複数の研究者によって、アスパルテームは脳腫瘍を起こす可能性があると指摘されました。また、2005年のイタリアの実験では、ラットにアスパルテームを含むエサを与え続けたところ、白血病やリンパ腫の発生が認められました。(しかも、人間が摂取しているような量でも異常が観察されています。)
出展:食品の裏側2(安部 司)

その他にも先天的にフェニルアラニンを代謝する機能が不十分な「フェニルケトン尿症」の場合は、幼児期からフェニルアラニンの摂取量を調整する必要があります。使用が認められている添加物ではありますが、健康を促進しようと考えて飲む青汁でわざわざ人工甘味料を摂取するのはどうかというのが青汁ライフの考え方です。

関連記事

  1. デキストリン・難消化性デキストリン入り青汁の真実
  2. 明日葉 不老長寿の野菜「明日葉(アシタバ)」の驚くべき効果・効能とは?
  3. 緑黄色野菜の王様!「ケール」の健康効果を解説!
  4. 大麦若葉 スーパーフード「大麦若葉」の効果・効能
  5. 桑の葉 世界からの注目度上昇中!「桑の葉」の健康効果とは?
  6. 甘味料 直鎖オリゴ糖(オリゴトース)の効果・効能
  7. 難消化性デキストリンの効果と安全性
  8. 芋 大地の栄養をたっぷり吸収!「シモン」の効果・効能

青汁ライフ一押し商品

神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート

青汁ライフで実施した「飲みやすい青汁ランキング」にて第1位を獲得した青汁です。緑茶・抹茶…

ピックアップ記事

青汁ランキング

  1. 青汁総合評価ランキング【青汁選びの決定版】
  2. 飲みやすさランキング【青汁100社を調査】
PAGE TOP