青汁の飲み方

健康効果が増大する「青汁の割り物」5選

青汁は水で飲むだけではなく、牛乳やジュースなどで割って飲む方も多いと思います。様々なアレンジをして楽しく、美味しく青汁を飲むことは末永く続けるためにも大切なことです。

でも、せっかくなら美味しいだけではなく、健康にも効果的なアレンジの方が良いですよね。今回は味・健康の両方の面でオススメできる青汁の割り物を紹介していきます。

青汁+はちみつ=腸内環境改善

原料 ケール 大麦若葉 明日葉 桑の葉
青汁との相性

はちみつには「オリゴ糖」と「グルコン酸」が含まれています。青汁に豊富に含まれる「食物繊維」と共に善玉菌のエサになるため、腸内環境の改善が促進されます。

甘味料になるため各原料との相性も良いです。また、はちみつではなく、オリゴ糖を直接混ぜるのも良いでしょう。

青汁+ヨーグルト=腸内環境改善

原料 ケール 大麦若葉 明日葉 桑の葉
青汁との相性 ×

腸内環境を改善するには善玉菌を豊富に含む食材を摂取することと、善玉菌のエサ(栄養源)になる栄養素を摂取することが重要です。

はちみつは後者の善玉菌のエサになる役割でしたが、ヨーグルトには善玉菌である乳酸菌が豊富に含まれるため前者の役割になります。また、ヨーグルトではなくても乳酸菌のパウダーを入れるのも良いでしょう。

青汁+レモン=美肌効果

原料 ケール 大麦若葉 明日葉 桑の葉
青汁との相性

レモンには豊富なビタミンCが含まれています。元来、青汁の原料であるケールにもビタミンCは多く含まれていますが、製造過程で減少している商品もあるため、レモンで補ってあげるのが効果的です。

また、青汁の青臭さを大幅に軽減してくれるので役立ちます。特にケールは青臭さが強いですが、レモンを搾ると緩和されます。

青汁+緑茶=生活習慣病予防

原料 ケール 大麦若葉 明日葉 桑の葉
青汁との相性

緑茶には特有成分「カテキン」が含まれており様々な健康効果があります。詳しくは「日本人で良かった!「緑茶」の驚異的な効果とは!?」をご覧下さい。

また、日本人が昔から飲みなれているお茶で、カロリーなどの心配もないため、青汁に対して緑茶の量を多くすることができます。青汁を飲み慣れていない場合は多めの緑茶で割ると良いでしょう。

青汁+豆乳=栄養バランス向上・ダイエット効果

原料 ケール 大麦若葉 明日葉 桑の葉
青汁との相性 ×

豆乳には「タンパク質」を代表に青汁には欠けている成分が含まれており、青汁と豆乳をあわせると栄養バランスがキレイに整います。また、ダイエット効果があるのも特徴的です。

但し、豆乳の飲み過ぎには注意が必要です。詳しくは「「青汁の豆乳割り」の健康効果と注意点」をご覧下さい。

健康効果が増大する「青汁の割り物」まとめ

いかがでしたでしょうか。青汁上級者の方であれば水で割って飲むことに慣れているかもしれませんが、ご自身の体調や目的に合わせて、日々アレンジしながら青汁を楽しんで頂くと効果がさらに高まる可能性もあります。

また、青汁初心者の方は青汁の青臭さと苦味が難点だと思います。そんな時は青臭さを緩和する「レモン」と苦味を緩和する「はちみつ」などを入れて、健康的に美味しい青汁生活を楽しんで下さい。

関連記事

  1. 青汁が美味しくなる!「青汁に合う飲み物」ランキング!
  2. 「青汁のお湯割り(ホット青汁)」栄養成分・効果の真実
  3. 要注意!青汁の胃腸に良い飲み方・良くない飲み方
  4. 「青汁を食事中に飲む」場合の効果と注意点
  5. 「プロテイン+青汁」で効果を最大化する方法
  6. 「青汁の豆乳割り」の健康効果と注意点
  7. 効果絶大!!成果の出る「青汁の飲み方」とは!?

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. 青汁100社以上を調査!!「飲みやすい青汁」ランキング!!
PAGE TOP