青汁の基礎知識

添加物だらけ!?効果のない危険な青汁とは!?

「この青汁の原材料の60%は添加物です」

このような青汁とはとても呼び難い商品があります。かさ増しとして使われることもあるデキストリンや甘味料が多く使われることで、飲みやすくはなるかも知れません。しかし、青野菜の成分はほとんどないため、健康効果は低い青汁になってしまいます。

添加物だらけの青汁の正体について説明していきたいと思います。

添加物だらけの薄い青汁とは?

こんな原材料表示の青汁に注意

【原材料】
還元麦芽糖水飴・難消化性デキストリン・大麦若葉・ケール・甘味料(スクラロース)・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC
原材料 割合
還元麦芽糖水飴 30%
難消化性デキストリン 25%
大麦若葉 15%
ケール 15%
スクラロース 10%
合成ビタミン 5%

上記の例の場合は「大麦若葉とケールの両方が入った健康青汁」というような形で販売されます。しかし、多く含まれる順に左から表示されるという原材料表示を確認すると、実際には還元麦芽糖水飴(天然甘味料)と難消化性デキストリン(食物繊維=かさ増しに使われることも)の方が多く含まれていることがわかります。

このような青汁は野菜を食べているというよりかは添加物を食べているようなものです。

製造コストを下げるために使われることがある

手間暇をかけて栽培した野菜は原価も高いですが、添加物を使えば製造コストを安くすることができます。時間を掛けて育てた野菜由来の天然のビタミンと、人工的に生成した合成のビタミンであれば当然ながら後者を使った方が製造コストを下げられる(=利益を出しやすい)のです。

高品質な青汁にするために添加物が使われることがあるのも事実なので、添加物が悪いとは一概には言えないのですが、添加物が多く含まれた品質の低い青汁が数多く存在しています。

また、すべての添加物が身体に悪影響を与えるかといえばそうではありませんし、食品由来の安全なものもあります。しかし、人工甘味料を始め人工的に作られたものは様々な悪影響が懸念されており、警笛を鳴らす学者や医学博士が多くいるのです。

添加物が多い青汁は栄養成分が下がる

栄養素 完全無添加 添加物アリ
2種類以下
添加物アリ
3種類以上
食物繊維総量(g) 1.2 1.3 0.8
ビタミンA(μgRE) 82 39 16
ビタミンE(mg) 0.4 0.3 0.1
ビタミンK(μg) 76 52 39
ビタミンB1(mg) 0.01 0.01 0.01
ビタミンB2(mg) 0.04 0.04 0.02
ナイアシン(mgNE) 0.21 0.09 0.14
ビタミンB6(mg) 0.03 0.03 0.03
葉酸(μg) 13 8.3 12.2
パントテン酸(mg) 0.06 0.03 0.06
ビタミンC(mg) 4.0 2.0 8.6
カリウム(mg) 89 84 78
カルシウム(mg) 40 31 22
マグネシウム(mg) 8 7 5
鉄(mg) 0.49 0.51 0.3
亜鉛(mg) 0.11 0.05 0.05
栄養指数 *1 114% 98% 78%

※本データは青汁メーカー100社以上の調査結果(こちらのデータは必要に応じて定期的に更新いたします)から作成。引用をご希望の方はこちらをご覧下さい。
*1.栄養指数:青汁メーカー100社以上の栄養成分の平均値と比較した数値を基に算出。単純に、100%を上回るほど青汁に含まれる栄養成分が高く、100%を下回るほど栄養成分が低いということになります。

上記表にあるように、実際に添加物が多く含まれるほど栄養価は低下していくことがわかります。

添加物には便利な一面があるのは事実ですが、天然由来の野菜の栄養価をしっかりと摂取できてこその青汁です。添加物の質や添加物が含まれる量には気を付けて頂ければと思います。

青汁によく使われる添加物一覧

名称 使用目的 ランク
スクラロース 人工甘味料
アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物 人工甘味料
アセスルファムK 人工甘味料
ステビア 天然甘味料
ソルビット(ソルビトール) 天然甘味料
甘草(カンゾウ) 天然甘味料
イノシトール 天然甘味料
還元麦芽糖水飴
還元麦芽糖(マルトース)
天然甘味料
還元パラチノース 天然甘味料
オリゴ糖
直鎖オリゴ糖
オリゴトース
天然甘味料
はちみつ 天然甘味料
トレハロース 天然甘味料
植物性乳酸菌
有胞子性乳酸菌
乳酸菌
難消化性デキストリン
水溶性食物繊維
水溶性食物繊維の補強
飲みやすくする
粉末を溶けやすくする
デキストリン
でんぷん分解物質
賦形剤(ふけいざい)
粉末を溶けやすくする
香料 香料
グァーガム 増粘剤
増粘多糖類 増粘剤
キサンタンガム 増粘剤
貝カルシウム
サンゴカルシウム
卵殻カルシウム
カルシウム補強材
各種ビタミン ビタミン補強材

ランクは安全面と成分面の両方を考慮してA~C(Aの方が良い)でつけています。例えば、合成ビタミンに関しては適正量であれば安全面に問題はないのですが、合成ビタミンがわざわざ添加されているということは肝心の青野菜の成分は少ないということにつながりやすいのでBランクにしています。

なお、Aランクであれば良いという話しではありません。添加物は質と量で決まるため、Aランクでも複数の添加物が使われていれば青野菜の成分は低くなると考えて下さい。

高品質な添加物入り青汁を選ぶコツ

添加物の質をチェック

【原材料:良い例】
大麦若葉・ケール・難消化性デキストリン・オリゴ糖
【原材料:悪い例】
大麦若葉・ケール・甘味料(アスパルテーム・Lフェニルアラニン化合物)・グァーガム

添加物が入っていることが悪いわけではありません。適量であれば青汁は飲みやすくなり、効果が向上することもあります。

添加物が入っていても高品質な青汁を選ぶために、まずは添加物の質をチェックしましょう。前述した添加物の一覧表のランクを見ながら、添加物の質を確認するようにしましょう。

添加物の量をチェック

【原材料:良い例】
大麦若葉・ケール・還元麦芽糖水飴
【原材料:悪い例】
還元麦芽糖水飴・大麦若葉・ケール
【原材料:悪い例】
大麦若葉・ケール・還元麦芽糖水飴・オリゴ糖・還元パラチノース

続いて、添加物の量をチェックします。原材料表示は多く含まれる順に左から表示されるというルールがあるため、添加物がなるべく右側に表示されている青汁を選びましょう。

上記の悪い例だと、甘味料(還元麦芽糖水飴)が最も多く含まれていることになります。また、右側にあったとしても添加物の数が多ければ注意が必要です。

豊富な栄養価を持つ野菜の健康効果(ビタミンやミネラル)に期待して青汁を飲み始める方が多いと思います。添加物が多く含まれていると健康効果も減少してしまう可能性が高いので今回の記事を参考に高品質な青汁を選ぶようにして下さい。

なお、高品質な青汁を選ぶための詳しい方法は「栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント」の記事を参考にして下さい。

関連記事

  1. オリゴ糖入り青汁のメリット・デメリット
  2. 青汁が初めての方(青汁初心者)のための羅針盤

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

  1. はちみつ青汁

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. 「プロテイン+青汁」で効果を最大化する方法
PAGE TOP