青汁の基礎知識

オリゴ糖入り青汁のメリット・デメリット

「オリゴ糖が入った青汁は良いの!?」

オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになるため、整腸作用があります。さらに、甘味料として青汁の苦味を抑える効果もあります。良いことばかりのように感じますが、オリゴ糖入り青汁にはデメリットもあることをご存知でしたでしょうか。

ここではオリゴ糖入り青汁が実際どのような影響を及ぼすのか、メリット・デメリット両側面から検証していきたいと思います。

オリゴ糖入り青汁のメリット

腸内環境の改善効果が期待できる

前述したようにオリゴ糖は善玉菌のエサ(栄養分)となることで、善玉菌の量を増やす効果があるため、腸内環境の改善に力を発揮します。免疫細胞の70%は腸で作られるというだけあって、腸内環境が整うと身体全体にとって様々なプラスの効果が期待できます。

便秘解消 腸内環境の正常化、消化吸収の促進などに重要な役割を担うのが善玉菌です。オリゴ糖は善玉菌のエサになるため、腸内環境を改善し、便秘解消を促します。
ダイエット 腸内環境が整っていると必要な栄養素を素早く吸収し、不要な栄養素を体外へ排出してくれるので、ダイエット効果を期待することができます。
美肌効果 腸内に悪玉菌が多い状態だと、悪玉菌が出す毒素の影響で肌荒れが生じます。腸内環境を改善して不要なものが体外に早く排出されることで、美肌効果が得られます。
アレルギーの緩和 腸内環境が悪化していると免疫力が低下し、腸壁のバリア機能も弱まってしまうため、アレルゲンが侵入しやすくなります。オリゴ糖は善玉菌のエサになるため、アレルギーを緩和する作用があるとされる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすことに繋がり、腸内環境の改善に役立ちます。
コレステロール抑制 コレステロールの生成を抑制するプロピオン酸を増やす働きがあります。
免疫力向上・生活習慣病の予防 前述したように腸では免疫細胞が多く作られているため、腸内環境を改善することは免疫力の向上に繋がり、様々な生活習慣病を予防してくれます。

以上のように、オリゴ糖には様々なプラスの効果が期待されています。

さらに、青汁に豊富に含まれる「食物繊維」はオリゴ糖と同じく善玉菌のエサになります。1種類のエサよりも複数種類のエサを摂取する方が整腸作用が高まるため、オリゴ糖入り青汁は腸内環境改善に相乗効果をもたらすと考えられます。

このように、免疫細胞の多くが生成される腸を大事にすることは、様々な健康・美容効果の促進に繋がります。

青汁が飲みやすくなる

甘味料のオリゴ糖が青汁の苦味を抑える効果があるため、シンプルに青汁との相性が良いというメリットもあります。お子様など苦味が苦手な方には、オリゴ糖入り青汁をおすすめします。

また、オリゴ糖の種類によって変わりますが、砂糖と比べるとカロリーも50%前後となっています。したがって、ダイエットをしているが甘味もほしいという方にも向くのではないでしょうか。

オリゴ糖入り青汁のデメリット

青野菜の成分が薄くなる

ここまでオリゴ糖の良い部分ばかりを述べてきましたが、オリゴ糖入り青汁にも注意しなければならないことがあります。

それは、オリゴ糖が多く配合される分、青野菜の成分が少なくなってしまうということです。これは一概にデメリットとは言えないのですが、野菜不足の解消を目的とされている方にとっては青野菜の成分が少なくなるのは決して良いことではないと思います。実際に、オリゴ糖を含め甘味料の方が多く含まれているというような、とても青汁とは呼べないような商品もあるので、選ぶ際には注意しなければなりません。

オリゴ糖の効果も青野菜の成分もしっかりと摂りたいという方は、手間は掛かってしまいますが、青野菜の含有量が多い純粋な青汁にオリゴ糖や(オリゴ糖を多く含む)はちみつなどを混ぜて飲むことをおすすめします。

なお、低カロリーとはいえ甘味料なので「その分カロリーは上がる」ということにもご注意ください。

高品質なオリゴ糖入り青汁を選ぶコツ

オリゴ糖がどれぐらい入っているかを確認する

【良い例】
大麦若葉・ケール・オリゴ糖
【悪い例】
オリゴ糖・ケール

青野菜の効果もしっかりと得ることができる高品質なオリゴ糖入り青汁を選ぶために、まずはオリゴ糖がどれぐらい入っているかを確認しましょう。

正確な値を知ることはできませんが、原材料表示は多く含まれる順に左から表示するというルールがあるため、悪い例のようにオリゴ糖が青野菜よりも左側に表示されていると、青野菜よりもオリゴ糖(甘味料)の方が多く含まれていると判断できます。

オリゴ糖以外の添加物を確認する

【良い例】
大麦若葉・ケール・オリゴ糖
【悪い例】
大麦若葉・ケール・オリゴ糖・難消化性デキストリン・還元麦芽糖

原材料表示を確認して、オリゴ糖が青野菜よりも右側に表示されていたとしても、オリゴ糖以外の添加物が複数種類含まれている場合は青野菜の成分が少なっている可能性があります。

青野菜とオリゴ糖の効果を存分に味わうためには、なるべくシンプルな原材料表示の青汁を選ぶようにしましょう。

なお、オリゴ糖を含め、甘味料が多いかどうかを見抜く方法の詳細は「効果激減!?「甘味料の多い青汁」を見抜くコツ」の記事も併せてご覧ください。

また、オリゴ糖が入っていて栄養価も高い青汁が「べジパワープラス」です。味も比較的飲みやすくオススメです。

オリゴ糖の効果を最大限に高める青汁の飲み方

オリゴ糖入り青汁を飲む時間に関して

オリゴ糖も青汁も基本的に飲む時間に細かなルールはありません。ご自身のライフスタイルに合わせて、続けやすい時間に摂取して頂いて結構です。難しいルールを決めてしまった結果、続かなくなることだけは避けてください。

但し、ダイエットや生活習慣病の予防などで血糖値の上昇抑制を重視するならば、食前時に飲むのが最も効果的です。また、便秘解消を重視する場合は小分けにして飲むと腸が動きやすくなりますよ。

ヨーグルトにオリゴ糖入り青汁粉末をかける

オリゴ糖入り青汁は、「オリゴ糖」と青汁に含まれる「食物繊維」が善玉菌のエサになり、腸内環境の改善を促します。

一方で、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は善玉菌そのものです。したがって、ヨーグルトとオリゴ糖入り青汁を同時に摂取するということは、善玉菌と善玉菌のエサをセットで摂ることになるため、相乗効果を発揮します。

なお、甘さや青臭さが気になる方はレモン果汁を搾ってあげるとサッパリと美味しく頂けます。特に相性が良いのは大麦若葉が主原料の青汁ですので、味が不安な方はまずはこちらから始めてみてください。

最後に、オリゴ糖入り青汁を飲んでいれば腸内環境は万全というわけではありません。まずは普段の食生活を見直し、その上でオリゴ糖入り青汁を有効的に取り入れて頂ければと思います。

関連記事

  1. 青汁が初めての方(青汁初心者)のための羅針盤
  2. 添加物だらけ!?効果のない危険な青汁とは!?

青汁ライフ一押し商品

神仙桑抹茶ゴールドの徹底検証レポート

青汁ライフで実施した「飲みやすい青汁ランキング」にて第1位を獲得した青汁です。緑茶・抹茶…

ピックアップ記事

青汁ランキング

  1. 青汁総合評価ランキング【青汁選びの決定版】
  2. 飲みやすさランキング【青汁100社を調査】
PAGE TOP