青汁の効果・効能

夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要

美肌の天敵でもある紫外線を何とか防ぎたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

紫外線対策に「日焼け止め」や「帽子・日傘」などの外からのケアをされている方が多いと思いますが、食事を通した身体の中からのケアも紫外線対策には重要なのです。ただ、忙しい方は食生活を変えるということがなかなか難しいでしょう。そんな忙しい時に役立つのが青汁です。

ここでは、夏の紫外線対策に青汁が有効的な理由について説明していきます。

紫外線が肌に与えるダメージとは?

紫外線により起こる症状一覧

夏になると特に気になるのが紫外線です。紫外線にはストレス解消やビタミンDの生成など良い点もあるのですが、それ以上に美容や健康への様々な影響が懸念されています。

皮膚がん 紫外線には「A・B・C」の3種類があり、その内のBとCが皮膚がんの原因になるとされています。なお、現在は紫外線Cは地表には届いていないとされており、紫外線Bへの対策が必要です。
白内障 皮膚がんと同様に紫外線Bが原因で白内障の発症率が高まるとされています。
免疫力の低下 紫外線を浴びることで活性酸素が発生します。活性酸素は老化(シワやシミ、そばかす)の原因免疫力の低下に繋がります。
肌荒れ 紫外線は肌の保湿機能やバリア機能を低下させるため、肌荒れなどの様々なトラブルの原因になります。

女性であれば特に肌のシワやシミ、そばかすといったトラブルは気になることかと思います。

特に、夏場は冬の5倍以上の紫外線量となるため対策をしっかりとしていく必要があります。

紫外線の対策方法とは?

紫外線から肌を守るスキンケア方法

まずは、何と言っても紫外線を浴びない、もしくは紫外線をカットすることが重要です。夏場は特に紫外線量が増えるので、外からのケアが大切になってきます。紫外線のケアには下記のような対策方法があります。

・日焼け止めを塗る
・帽子を被る
・サングラスをつける
・長袖を着る
・日傘を差す

地面からの反射などもあるため、これらの対策で紫外線が完全にカットできるわけではありませんが、少しでも浴びないようにするためにしっかりとケアして頂ければと思います。

青汁が紫外線対策に有効的な理由

紫外線対策には食事が大切

紫外線対策は外からのケアだけではありません。普段の食事を整えることで、紫外線に負けない強い肌を作ることや、紫外線によって傷んだ肌を修復することが可能なのです。

また、外からのケアだけで紫外線を完全に防げるわけではありません。紫外線の対策には日焼け止めや衣服などによる体の外からのケアと、食事を通した体の内からのケアの両方を同時に行っていくことが重要です。

食事を通した内からのケアで大切なのは、1つ目に肌のバリア力(免疫力)を高めること、2つ目に紫外線により発生しシミやそばかすなど肌の老化の原因になる活性酸素を除去すること、3つ目に傷んでしまった肌の修復をすることです。

紫外線にはビタミンA・ビタミンE・ビタミンCが重要

前述した3つのポイントに効果的な栄養素は「ビタミンA」「ビタミンE」「ビタミンC」です。これらのビタミンには紫外線対策に有効的な作用があります。

ビタミンA 肌の粘膜を正常にする働きがあるため肌のバリア力を向上させたり、紫外線で傷んだ肌の修復(肌のハリや潤い、弾力を保つ)に効果的です。また、非常に強い抗酸化作用が、紫外線による活性酸素を除去します。さらに、免疫力を向上させる作用もあるので、免疫力の低下を防ぎます。
ビタミンE 抗酸化作用が強い栄養素で、紫外線により発生した活性酸素を除去することに役立ちます。ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれており、血行を促進し新陳代謝を促すことでシミやそばかすを出来にくくします。
ビタミンC メラニンの働きを正常化することでシミやそばかすを防ぎます。また、抗酸化作用が強いため、紫外線により発生する活性酸素を除去してくれます。さらに、肌に良いコラーゲンを促進する作用があります。

以上のように、紫外線対策にはビタミンA・ビタミンE・ビタミンCをしっかりと摂取していくことが重要です。

なお、これらのビタミンは野菜に多く含有されています。

青汁は紫外線対策に有効的な栄養素が満載

前述した通り、紫外線対策に有効的なビタミンA・ビタミンE・ビタミンCは野菜に多く含まれているのですが、青汁は一般的な野菜と比較しても各種ビタミン・ミネラルが豊富に含有されています。

※野菜粉末=キャベツ・人参・ほうれん草など一般的な野菜12種類を粉末化した場合の平均データ
※独自調査によるデータです。引用をご希望の方はこちらをご覧下さい。

また、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンCはそれぞれが強い抗酸化作用を持つのですが、すべてを一緒に摂取することによる相乗効果で、さらに強い抗酸化力を発揮します。

さらに、紫外線対策に有効的なのはビタミンだけではありません。青汁の主原料として有名なケールのスルフォラファン、大麦若葉のSOD酵素、明日葉のカルコンなどの成分は非常に強い抗酸化力を持っています。

普段の食事から野菜を摂取して強い肌を作ることが最も重要ですが、忙しい方はなかなか食生活を整えることが難しいと思います。そんな時に青汁であれば手軽に紫外線対策に有効的な栄養素を摂取することが可能です。

皆さんも今年の夏は外からのケアだけではなく、青汁による体の内からのケアにも取り組んでみてください。

関連記事

  1. 健康・美容の土台!青汁で「血管力を高める」
  2. 筋肉をつけたい人が青汁を飲むべき理由
  3. ビタミンA不足の解消に青汁が最適な理由
  4. アルカリ性である青汁がもたらすメリットとは!?
  5. 青汁にプリン体が多いは嘘!青汁が痛風に効果的な理由
  6. 青汁は野菜の代わりになる?野菜不足解消に青汁が最適な理由
  7. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!
  8. 青汁が「ピロリ菌の除菌」に効果を発揮する理由

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. 栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント
PAGE TOP