青汁の効果・効能

筋肉をつけたい人が青汁を飲むべき理由

ダイエットやスポーツが目的で筋肉を増強させたいと考えて食生活に気をつける方は多いのではないでしょうか。

特に、プロテインなどを飲んで、タンパク質の摂取に力をいれている方が多いと思います。しかし、筋肉をつけたい人にこそ飲んで頂きたいのが青汁です。

ここでは、筋肉をつけたい人が青汁を飲むべき理由について説明していきます。

筋肉に重要なのは「タンパク質」だけではない

タンパク質だけでは筋肉に変換されない

筋肉を増強させるために「タンパク質」の摂取に力を入れることは当然重要なのですが、筋肉に重要なのは「タンパク質」だけではありません。

タンパク質と同様に力をいれなければならないのが「ビタミン」と「ミネラル」です。

ビタミンとミネラルの多くは糖質・タンパク質・脂肪の代謝に関わっています。特にタンパク質は分解されて筋肉に代わるまでに手間が掛かる栄養素で、タンパク質を摂取してもビタミンとミネラルが不足していれば筋肉に変換されにくくなるのです。また、タンパク質以外にも糖質のエネルギーへの変換や脂肪を燃焼することにもビタミンやミネラルが関係しています。

このようにビタミンやミネラルは「筋肉の成長」や「脂肪の燃焼」に大きく関わっているのです。

タンパク質だけでは回復しない

筋肉に刺激を与えた後に重要なのが体全体を回復させることです。筋肉トレーニングを含め運動をした後には様々な栄養素が消費されます。

例えば、運動量が増えると呼吸量が増える=酸素を体内に取り入れる量が増えるため、体内の活性酸素の量が増えていきます。増えた活性酸素を除去するにはビタミンA・ビタミンE・ビタミンCなどが消費されます。

また、汗をかくと一部のビタミンやミネラルが汗と共に流出してしまいます。

したがって、ビタミンやミネラルを補給しなければ体が回復せずに筋力増強までに時間が掛かるのです。

タンパク質だけは運動機能が向上しない

運動機能にはタンパク質だけではなくビタミンやミネラルも関わっています。

例えば、カリウムは筋肉の収縮には欠かせない大事なミネラルで、足りなくなると筋力の低下や疲労など運動機能に関わります。また、カルシウムは筋肉の収縮をサポートします。

つまり、ビタミンやミネラルが不足すると運動機能が低下し、結果として筋肉の増強にも影響が生じるのです。

このように、タンパク質の摂取と同様に「ビタミン」と「ミネラル」をしっかりと補給することが非常に重要です。

筋肉をつけるとなれば、ついついタンパク質を多く含む食品やプロテインの摂取に目が行ってしまいがちですが、ビタミンとミネラルをしっかりと取ってあげることも忘れないようにしましょう。

青汁が筋肉の増強に効果的な理由

青汁にはビタミンとミネラルが豊富に含まれる

前述したように筋肉をつけるにはタンパク質だけではなくビタミンとミネラルが非常に重要です。

したがって、ビタミンやミネラルが豊富な野菜もあわせて食べていく必要があるのですが、青汁には一般的な野菜と比べても非常に多くのビタミンとミネラルが含まれています。

※野菜粉末=キャベツ・人参・ほうれん草など一般的な野菜12種類を粉末化した場合の平均データ
※独自調査によるデータです。引用をご希望の方はこちらをご覧下さい。

特に、運動をすることで失われるビタミンA・ビタミンEや運動機能に関わるカリウムやカルシウムはあらゆる食材の中でも多く含まれる栄養素です。

タンパク質に加えてビタミンやミネラルをしっかりと補給することで、筋肉がつきやすく、また、運動機能が向上するため、効率良く筋肉をつけることが可能です。

栄養過多になる心配がない

筋肉をつけるためにプロテインを飲む方も多いと思いますが、プロテインとあわせて青汁を飲んだ場合にも栄養過多になる心配がありません。

青汁は野菜なのでタンパク質はそれほど含まれていませんが、プロテインはタンパク質が主成分です。一方で、プロテインはタンパク質以外はほとんど含まれていませんが、青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれます。

【青汁】
ビタミン・ミネラル・食物繊維・ポリフェノールなど
【プロテイン】
タンパク質

プロテインによってはタンパク質の代謝に重要なビタミンB群(合成ビタミン)が添加されることがありますが、ビタミンB群は過剰摂取による健康被害はありません。

このように、タンパク質が中心の食生活に青汁を導入することはお互いが足りない部分を補えることになり、栄養上は非常に相性が良い組み合わせなのです。

胃腸の調子を整えることが可能

プロテインやタンパク質の多い牛肉などを摂取をしていくと、腸内に悪玉菌が増えやすくなります。また、腸だけではなく胃にも負担が掛かります。

胃腸の調子が悪化すると免疫力も低下し、運動機能にも影響が生じます。

そこで役立つのが青汁です。青汁には食物繊維が豊富に含まれており、食物繊維は腸内環境を改善する働きがあります。

また、青汁には食品の中でも屈指のビタミンAを含んでいるのですが、ビタミンAには胃粘膜の働きを正常にする作用があります。

このように健康面を考えてもタンパク質と共に青汁を摂取することは有効的だと考えらます。

ダイエット効果が期待できる

前述したようにビタミンとミネラルは脂肪の燃焼にも関わっています。さらに、青汁には食物繊維などダイエットに関わる栄養素が多く含まれています。

したがって、タンパク質を摂取しながら筋肉をつけて、同時に脂肪の燃焼を促進していくことができるので、ダイエットには非常に効果的です。

無理な食事制限や過剰な運動から痩せた体ではなく、健康的なダイエットによる結果なのでリバウンドもしにくい体になります。

風邪を引きにくくなる

強度の強い運動や筋トレをしていると風邪などの体調不良になることが良くあります。

これは、運動をすると免疫力に関わるビタミンAなどが失われることが影響しています。ビタミンAは各器官の粘膜を正常に保つ働きがあるため、ビタミンAが不足すると喉が痛くなったり、病原菌が体内に入りやすくなったりしてしまいます。

青汁には食品の中でも屈指のビタミンA含有量を誇るため、青汁を飲むことで風邪などの体調不良を未然に防ぐ効果があると考えられます。

筋肉に効果が絶大な青汁の飲み方

青汁にレモンを絞る

筋肉を効率良くつけるためには運動後に筋肉を回復させることも重要です。

筋肉の疲労回復に有効的なのが「クエン酸」です。そして、クエン酸はレモンやグレープフルーツなどの柑橘系に含まれています。

クエン酸は疲労回復以外にも青汁のミネラルの吸収を高める作用もあるので相性もバッチリです。

青汁にオリゴ糖を入れる

前述したように、タンパク質を多く摂取していく中で腸内環境が悪化することが懸念されます。

そこで、青汁に含まれる食物繊維が有効的なのですが、さらにオリゴ糖を入れると効果的です。オリゴ糖には善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やす効果があります。

また、青汁の苦味を解消する効果もあるので、味の面でも相性は良いです。

ヨーグルトに青汁粉末を入れる

腸内環境を整えるのにヨーグルトに含まれる乳酸菌が有効的です。乳酸菌は善玉菌として活躍してくれます。

また、ヨーグルトにオリゴ糖を加えるとオリゴ糖が乳酸菌のエサになるため相乗効果が期待できます。さらに、そこにレモンを絞ってあげるとサッパリと美味しく頂けると思います。

なお、ヨーグルトと青汁を混ぜる場合は大麦若葉が主原料の青汁などのクセが少ない商品をオススメします。

青汁を飲む際の注意点

以上のように筋肉をつける上で青汁を飲むことは効果的です。また、青汁はカロリーも低いので太る心配もありません。

しかし、青汁だけを飲んでいれば良いのかというそうではありません。まずは、普段の食生活を整えることを何よりも大切に、効率的にビタミンやミネラルを摂取できる青汁をうまく活用し、健康的に筋肉をつけて頂ければと思います。

関連記事

  1. 健康・美容の土台!青汁で「血管力を高める」
  2. 青汁は野菜の代わりになる?野菜不足解消に青汁が最適な理由
  3. 青汁が「ピロリ菌の除菌」に効果を発揮する理由
  4. 青汁にプリン体が多いは嘘!青汁が痛風に効果的な理由
  5. 青汁が「内臓脂肪の減少」に効果的な3つの理由
  6. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!
  7. 「尿糖値を下げる」(尿検査陽性)に青汁が効果的な理由
  8. アルカリ性である青汁がもたらすメリットとは!?

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

  1. ヤクルト私の青汁アイキャッチ

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. ベジパワープラスの徹底検証レポート
PAGE TOP