青汁の効果・効能

背中ニキビの改善に青汁が効果を発揮する理由

背中に発生したニキビがなかなか治らなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

背中は皮脂や汗の分泌が多く、さらに皮膚の角質層が厚いためニキビが発生しやすい環境にあるため、繰り返して発生しやすくなっています。

今回は背中ニキビの改善に青汁が効果的な理由を説明していきたいと思います。

背中ニキビができる原因

背中ニキビは皮脂の過剰分泌によって発生します。皮脂の分泌が増加する理由は1つではなく、様々な原因が複合的に作用して発生しています。

上記に挙げられるように「睡眠不足」「肌の乾燥」「精神的な苦痛」などによるストレスが原因の場合と、「糖質や炭水化物の過剰摂取」や「食生活の乱れ」が原因の場合とで分かれます。

これらの原因を取り除いてあげることが背中ニキビの改善につながります。

背中ニキビに青汁が効果的な理由

背中ニキビを改善するにはスキンケアなどの外からのアプローチと食生活を整えるといった体の中からのアプローチに分かれます。

両方のケアを同時に行っていくのも良いですが、再発を防止するためにも食生活を整えて体の中からケアをしてあげることが非常に重要です。

そして、体の中からのケアに青汁が効果を発揮してくれます。

睡眠不足に青汁が効果的な理由

睡眠不足の解消に青汁に含まれる「カルシウム」と「マグネシウム」が効果的です。

カルシウムとマグネシウムには精神を安定させる働きや神経の興奮を抑える働きがあるため、神経が高ぶってしまいなかなか寝付けないという方にはオススメです。

また、ケールを主原料とする青汁には睡眠を促す「メラトニン」が含まれています。睡眠不足が気になる方はカルシウム・マグネシウム・メラトニンが含まれるケール青汁を選ぶのも良いでしょう。

肌の乾燥に青汁が効果的な理由

乾燥肌には青汁に含まれる「ビタミンA」「ビタミンC」「食物繊維」が効果的です。

ビタミンAとビタミンCには肌の免疫力を高めてニキビを防ぐ作用があり、食物繊維には肌荒れの原因となる腸内環境を整えてくれます。

また、青汁には様々な抗酸化物質が含まれているため、ニキビの改善を含めた美肌効果やアンチエイジング効果が期待されています。

精神的な苦痛に青汁が効果的な理由

精神的な苦痛などから来るストレスには青汁に含まれる「カルシウム」「マグネシウム」「ビタミンC」が効果的です。

カルシウムとマグネシウムには前述したように精神を安定させる作用があり、ビタミンCには自律神経失調症の薬として服用されることがあるようにストレスを抑制するホルモンの作成を促す作用があり、抗ストレスには欠かせない栄養素なのです。

糖質や炭水化物の過剰摂取に青汁が効果的な理由

糖質や炭水化物を多く含む食品には血糖値を急上昇させることがあります。

血糖値が急上昇すると男性ホルモンを刺激してしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こします。

青汁には血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。したがって、食事前に青汁を飲んでおくと、その後に食べる糖質や炭水化物による血糖値の上昇を抑制します。

食生活の乱れに青汁が効果的な理由

食生活の乱れは背中ニキビの原因になる皮脂の過剰分泌に直結します。

現代人は「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」などの3大栄養素を過剰に摂取し、それらをエネルギーや筋肉に変換する「ビタミン」「ミネラル」が不足している状況です。

ビタミンやミネラルが不足すると脂肪分がうまく燃焼されないため皮脂の分泌を増加させます。

そこで、有効的なのが青汁です。下記の様に青汁には一般的な野菜と比べても非常に多くのビタミン・ミネラルを含みます。

※野菜粉末=キャベツ・人参・ほうれん草など一般的な野菜12種類を粉末化した場合の平均データ
※独自調査によるデータです。引用をご希望の方はこちらをご覧下さい。

ビタミン・ミネラルが不足する状況を作らないことこそが皮脂の過剰分泌を抑えてくれるのです。

以上のように青汁は背中ニキビ発生の直接的な要因となる皮脂の過剰分泌を抑制する効果があるといえるでしょう。

背中ニキビに最大限の効果を発揮する青汁の飲み方

青汁を豆乳で割って飲む

豆乳の原料と大豆にはイソフラボンというポリフェノールが含まれます。ポリフェノールは体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため背中ニキビには効果が期待されます。

豆乳は青汁をまろやかにするので味の面でも相性は良いです。なお、豆乳はなるべく糖質が添加されていない無調整のものが良いでしょう。

青汁にレモンを絞って飲む

背中ニキビにはビタミンCが大変効果的であることをお話ししましたが、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類にはビタミンCが豊富に含まれます。

青汁にレモンを絞ることで、青汁独特の青臭さを抑えることもできるので、味の面でも相性はバッチリです。

青汁にオリゴ糖を入れる

背中ニキビを発生させないためには腸内環境を整えることが重要だとお話ししましたが、オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになってくれるため整腸作用があります。

青汁には苦味があるものが多いため、オリゴ糖を入れると苦味を緩和してくれるので、野菜が苦手な方にもオススメです。

ヨーグルトに青汁粉末を入れる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は善玉菌の一種なので、オリゴ糖と同様に整腸作用があります。

ヨーグルトはレモンやオリゴ糖とも相性が良いので、「レモンヨーグルト青汁」や「オリゴ糖入りヨーグルト青汁」として飲むこともオススメです。

青汁と合わせて対策したいこと

青汁で体の内からのケアーをしながらやりたい外からのケアーをご紹介いたします。

・背中を清潔に保つ(洗い残しがないように)
・保湿ケアをする
・汗をかいたらこまめに拭く
・たっぷり睡眠をとる
・ストレスをためない
・パジャマ・シーツは清潔にする

最後に青汁はあくまでも食生活を整えるための手助けをする食品です。

青汁だけを飲んでいれば背中ニキビが治るというわけではありません。普段の食生活を見直すことを何よりも大切に、青汁をうまく活用して背中ニキビの改善を促進して頂ければと思います。

なお、普段の食生活ではビタミンCの多いレモンなどの柑橘系や赤ピーマン、ビタミンB群の多い玄米・納豆・マグロなどを摂取することをオススメします。

関連記事

  1. 青汁が「ピロリ菌の除菌」に効果を発揮する理由
  2. 健康・美容の土台!青汁で「血管力を高める」
  3. 青汁は野菜の代わりになる?野菜不足解消に青汁が最適な理由
  4. 青汁が「内臓脂肪の減少」に効果的な3つの理由
  5. ビタミンA不足の解消に青汁が最適な理由
  6. 「青汁とルイボスティー」健康に良いのは!?
  7. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!
  8. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要

オススメ記事

栄養がたっぷり!「高品質な青汁」を選ぶ3つのポイント

せっかく青汁を飲むのであれば栄養が豊富で「高品質な青汁」を選びたいですよね。しかし、飲み…

特集記事

  1. 夏の紫外線対策に!青汁で体の中からのケアが重要
  2. 「夏バテ対策に青汁」が絶大な効果を発揮する理由!!

青汁徹底検証レポート

青汁ランキング

ピックアップ記事

  1. 効果絶大!!成果の出る「青汁の飲み方」とは!?
PAGE TOP